相手に伝わるように作ること

作成してくれる業者

話し合いを済ませよう

納得できる動画を作れるように、業者と最初に話し合いを行います。
その時に、自分のイメージを伝えてください。
相性の良い業者だったら1回の説明でイメージを理解してくれるので、すぐ作成に取り掛かってくれるでしょう。
しかし相性が悪いと、何回説明しても理解してくれないことが多いです。
最悪の場合は間違った解釈をされるので、イメージと異なる動画になってしまいます。

費用を支払って、宣伝に使えない動画が届いたら意味がありません。
無駄な出費に繋がるので、イメージ通りの動画を作成してもらってください。
そのために、業者と自分の相性を見極めることが重要です。
こちらの話を理解していないように見えたら、相性が悪いのでキャンセルしてください。

予算を超えないように

当たり前ですが業者に任せると、費用が発生します。
動画作りに予算が決まっているでしょうから、超えないように業者を選択してください。
業者ごとに、料金が変わります。
最初に見積もりを聞いた業者が予算を超えた場合でも、次に聞いた業者は予算内に収まるかもしれないので諦めないでください。

ただ料金が安い業者は、雑に動画を作っていることがあるので注意してください。
クオリティーの高い動画でなければ、企業宣伝の効果を発揮できません。
サイトに動画のサンプルがあるでしょうから、クオリティーを確認しましょう。
問題がないと判断できたら、その業者に依頼してください。
最初に予算を伝えて、その範囲内で動画を作れないか聞いても良いですね。


TOPへ戻る