相手に伝わるように作ること

どのような動画が良いのか

一番伝えたいこと

動画で、これまでの功績を伝えても良いですね。
どのような商品を作って、サービスを提供しているのか教えるのもおすすめです。
他にも経営理念や、創業者の想いを伝える人も見られます。
どのような内容でも良いですが、事前にまとめておきましょう。

プランを考えないで、その場の勢いだけで動画を作り始めても、何を言っているのかわからない動画になります。
それでは誰も興味を持たないので、動画を作った意味がありません。
何を伝えるか決めて、それに沿って動画を作ってください。
みんなが会社のことをよく理解してくれたり、興味を持ってくれたりするように作成してください。
すると会社の売り上げも好調になるので、たくさんのメリットを得られます。

無駄な部分を切り取ろう

3分以上の動画は、長いと言われています。
よほどおもしろくて興味を惹く動画でなければ、ずっと見続けてもらうのは難しいです。
初心者がそこまで良い動画を作れるかわからないので、短めの動画を作るように意識してください。
一応完成しても、長かったらカットできる部分がないか探してください。

見直すと、いらない部分があることに気づくかもしれません。
カットすると、動画が短く収まるので気軽に見てもらえます。
大事な部分をカットしないように、気をつけてください。
たくさん伝えたいことがあるなら、簡潔にそれぞれをまとめることが重要です。
すると短い時間でも、大事なことがしっかり伝わります。
会社に、興味を持ってくれる人が増えるでしょう。


TOPへ戻る